HONEKICHI’S LIFE STYLE をご覧いただきありがとうございます。~ 11/16 記事更新“子供がピアノを習う最強のメリット5選!地頭の良い子に育てる秘訣とは?”

節分はいつ?由来は?いわしや恵方巻はなぜ食べるの?イベント情報も!

年も明けて寒さがピークを迎えてきましたが、体調を崩してはいませんか?

毎日バイク通勤の僕としては、毎年この時期になると春が待ち遠しくなります。

冬から春の変わり目といえば節分。

「鬼は~外~!福は~内~!」の掛け声とともに、豆をまくあの行事。

子供の時から当たり前のやってきたけど、節分っていつやるんだっけ?意味や由来はなに?

今回はそんな疑問に答えます。

節分っていつ?意味や由来は?

当然節分という言葉や日にちにもすべて意味があります。しかし、昔と今とでは少し違いがあります。

節分っていつ?

節分とは、「季節を分ける」と書いて節分です。各季節の始まりの日である、‟立春、立夏、立秋、立冬”の前日を指しています。

なんと、1年に4回もあったんですね!僕たちに馴染みのある節分といえば、2月3日頃だけですが、なぜでしょうか?

旧暦ではこの節分が現代の大晦日に当たり、1年の境目とされていたため、新年を迎える大事な日として、他の時期の節分より重要視されたため、節分といえば2月!というように伝わったわけです。

今年の節分は何日?


じゃあ2月の何日なの?と疑問に思う人もいるはず。僕は大体2月3日で覚えていましたが、どうもそうとは言い切れないようで、前述したように節分は季節の分かれ目を指すので、季節によって日にちも多少変動するようです。

調べてみると、「○○年の節分は何月何日」というような書き方をしています。ちなみに・・・

2019年の節分は
   2月3日(日曜日)

なぜ豆をまくの?鬼との関係は?

節分が季節の分け目であることは少しふれましたが、なぜこの節分に豆をまいて鬼を追い払うのでしょうか?その由来はなんなのでしょう?

まめをまく意味と理由

そもそも節分の豆まきという由来は、中国から伝わった風習のようです。古代中国では、季節の変わり目には邪気が生じやすいと考えられていため、その邪気を払う方法として、「追儺(ついな)」という行事が行われていました。

この風習が日本に伝わり、平安時代の日本においては天皇や親王が行う宮廷の年中行事として行われていました。

それとは別に、日本でもともと行われていた「豆打ちの儀式」が合わさって、江戸時代のころには「豆まき」としてに民衆に広まったといわれています。

また、古来よりまめには「魔滅(魔を滅する)」の力があるとされています。また、豆は豆でも穀霊が宿るといわれる大豆を使います。
大豆は大豆でも、煎って使うことで、厄災を負った豆から芽が出るのを防いだり、「魔の目を射る」という意味を含ませ、「福豆」として使うそうです。

なぜ鬼なの?

鬼は日本において、この世ならざる者を表し、それが波状して人知を超えたものという意味となり、後に‟人に災いをもたらす邪悪なもの”として恐れられていました。

この鬼が、前述した「季節の変わり目の邪気」に結びついたというわけです。

その昔、京都に鬼が現れたとき、毘沙門天のお告げにより大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという逸話が残っており、「魔目(魔の目)に豆を投げて魔滅(魔を滅する)する」に通じるようになりました。

 

いわしや恵方巻の意味は?他にもあるの?

僕の地元である福岡県では、節分の日は恵方巻とともに、いわし料理を食べていました。何の疑問にも思っていませんでしたが、これらの習わしにはどういう意味があるのでしょうか?

いわしの意味

地方によっていわしの使い方は食べたり飾ったり様々なようですが、理由は同じで、いわしの語源が関係しています。いわしの語源を見てみると・・・

「弱し」・・・陸にあげるとすぐに死んでしまうため。
「卑し」・・・身分の低い人が食べる魚であるため。

この弱くて卑しい魚を食べることで、体の中の陰の気が消えると考えられていたそうです。さらに、鬼は臭いものに特に弱いと考えられており、いわしを焼いたときに出る臭気が鬼(邪気)を寄せ付けないとも言われていたそうです。

柊いわし

節分に魔除けの道具として使われるもので、柊の小枝と焼いたいわしの頭を玄関や軒先にかざして使います。

塩鰯を焼く臭いと煙で鬼が近寄らず、また近寄ったとしても柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れないといいます。

これとは逆に、いわしの臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目を刺すという説もあり、日本各地に広く見られるようです。

節分いわし

主に西日本に広く残る風習で、いわしを塩焼きにして臭いごと体内に取り入れることで、身体の中から邪気を追い出すという習わしです。

現代では塩焼きのみならず、さまざまないわし料理が食べられています。

恵方巻の意味

恵方巻は節分の日に、その年の恵方を向いて、無言で食べると縁起が良いといわれる巻き寿司ですよね。僕も子供のころからよくわからずに食べてました。(笑)

これには一体どんな意味が込められているのでしょうか?「恵方巻」という巻き寿司には、七福神にちなんだ7種類の具を入れて巻き込み、丸ごと1本、その年の恵方を向いて無言で食べきるとよいとされているそうです。


‟福を巻き込み、福を切らずに食べる”ことで、ゲンを担ぐということですねw


由来や起源は所説ありますが、いまだはっきりしていないようです。もともとは「恵方巻」という呼び名ではなく、「太巻き寿司」や「丸かぶり寿司」など、呼び方はさまざまだったようで、1989年に大手コンビネンスストアが「恵方巻」として大々的に仕掛け、2000年ごろから全国的に広まったようです。

ちなみに2019年の節分の恵方は...


地方の様々な風習

いわしや恵方巻だけでなく、全国では様々な節分料理が食べられています。以下に全国各地の節分料理をご紹介します。毎年違った節分料理を食べてみてはいかがですか?

節分そば

地域 島根県(出雲地方)・長野県(信州地方)
現代の大晦日でも「年越しそば」を食べますよね。
節分が旧暦の大晦日に当たると前述したように、昔の人たちも大晦日(現在の節分)にそばを食べていました。その風習が今でも残り、「節分そば」と呼ばれています。
そばを食べる意味は年越しそばと同様に「細く長く生きたいという願い」や、切れやすいそばにちなんで、「厄を断ち切る」という意味が込められています。

けんちん汁

地域 関東地方の一部
けんちん汁という名前は僕も聞いたことがありましたが、節分に食べるという風習は知りませんでした。
けんちん汁は、肉や魚を一切使わず、昆布やシイタケで出汁を取り、大根、ニンジン、ゴボウ、里芋、こんにゃく、豆腐などを煮込んだ、寒い時期にはぴったりの料理です。材料を見ればなんとわかりますが、精進料理と一緒ですね。
けんちん汁を節分に食べる意味については、はっきりとわかっていないようです。というより、寒い時期に定番料理として食べていたと考えるのが自然かもしれません。

こんにゃく

地域 四国地方
これは僕も知りませんでいた・・・なぜこんにゃく?
なんと昔の人たちはこんにゃくを「胃のほうき」と呼んでいたほど、こんにゃくは食物繊維がかなり豊富で、腸内環境を改善してくれるそうです。
当時の節分は現代のお大晦日に当たるので、家中の大掃除を終えた後、最後にこんにゃく料理を食べて、「体内に溜まった毒や汚れを排出する」という意味が込められていたそうです。

小判菓子

(画像出典:北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ)

https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000013494

地域 福井県小浜市
これも初耳です。
升に入れた豆とともに神棚に飾るのが昔からの習わしだそうで、起源や由来は不明とのこと。
砂糖と水あめなどを混ぜたものに小麦粉を入れて生地を作り、延ばして小判形の型に入れて焼き上げたお菓子です。聞いただけでおいしそうですね(笑)
小浜市のごく一部の地域で「一生お金に困らないように」との願いを込めて、神棚に飾って食べる縁起物だそうです。

くじら

地域 山口県
山口県といえば「ふく」という印象が強かったんですが、くじらも有名なんですね!
なんでも、くじらは大きいものの象徴なので、大きなクジラを食べることによって、「志を大きく」や「心を大きく」とか「子供が大きく成長するように」「大きな幸せを願って」などの意味や願いが込められているそうです。
メニューはさまざまで、‟塩クジラの切り落とし・クジラのベーコン・くじらのから揚げ・さらしクジラ・くじらのお刺身”などなど、ビールが合いそうなものばかり・・・次の節分はこれで決まりかなW

カナガシラ

地域 長崎県
日本全域の海で獲れる魚だそうですが、初めて聞きました。
長崎県では「ガッツ」とも呼ばれ、節分にはカナガシラの煮つけが食べられるそうです。なんでも節分の日だけ市場価格が跳ね上がるとか・・・
漢字で書くと「金頭」となるので、「金運がよくなりますように」との願いが込められているそうです。う~ん食べてみたい!

落花生

地域 北海道・東北・北陸・南九州
豆まきといえば大豆!という固定概念を見事にひっくり返してくれました。(笑)
上記の地域、主に東北地方では、落花生を殻ごと投げるそうです。落花生である理由がまた超合理的で、「投げた後見つけやすいから」だそうですww理にかなってますよね。
僕の実家では昔から大豆を投げてましたが、1週間経ってもまだ出てきてましたからね。我が家でも落下生採用しようかな。あ、でも当てられると痛いな・・・。

福茶

地域 京都・関西地方
これはお正月に飲んだことがあるかもしれません。
主に正月や節分、大晦日にお茶で、黒豆、昆布、梅干し、山椒といった具に煎茶や湯を注いで作ります。
福茶は古くから行われている儀礼のようで、一説では、平安時代に空也上人という人物が、疫病で苦しむ民衆のために福茶を恵み、飲んだ多くの病人が快復したとのことで、これにならって一般の人々も一年の邪気を払うために元日に飲むようになったということだそうです。
この風習が現在でも残り、無病息災を願う正月や節分の行事として伝承されているということですね。
各地域で入れ方も変わり、長野県では豆殻または菊の枝などを焚いて若水を沸かし、茶請けとして勝栗、柿、豆、数の子などを添えるそうです

 

全国のイベント情報

全国には節分にちなんださまざまなイベントがあります。下記にお得なイベント情報を記載しますので、これを機に参加されてみてはいかがですか?
家族で行くときっといい思い出になると思いますよ。
※以下 公式HP等から紹介文引用

1 茨城県 大宝八幡宮 節分祭

関東最古の八幡様が祭られる大宝八幡宮において、節分の日(ほぼ2月3日固定)に昼の部と夜の部の2回おこなわれます。昼の部は、14時から拝殿にて神事がはじまり、最後に神楽殿より撒豆行事をおこないます。豆の他紅白餅や菓子・即席麵などが撒かれます。夜の部は19時からとなります。夜の部では、大相撲高砂部屋の高砂親方も撒豆行事司を努めます。

(引用:世界最古の八幡様 大宝八幡宮 公式Webより)

関東最古の八幡神社 お祓い・ご祈祷・ご祈願は茨城の 大宝八幡宮:茨城県下妻市

茨城県下妻市の関東最古の八幡宮(神社):大宝八幡宮の節分祭のご案内です。過去から伝わる節分行事の説明と毎年2月3日に行わ…

【開催日】 2019年2月3日(日)
【住所】  茨城県下妻市大宝667
【名称】  大宝八幡宮
【連絡先】 TEL: 0296-44-3756

2 京都府 平安神宮 節分祭

平安神宮のお節分行事は、古式のままに行う大儺之儀をはじめ、年の節目にふさわしい祓いの行事が終日にわたって繰り広げられます。
平安神宮は1895年(明治28)桓武天皇の平安遷都1100年祭を記念し桓武天皇を祭神として創建された歴史ある神宮です。10月22日に行われる、京都三大祭りの一つ時代祭は、ここ平安神宮の大祭です。

(引用:平安神宮 公式Webより)

スマホ対応最終版

平安神宮の公式サイト。1895年平安遷都1100年を期に市民の総社として創建。平安京の正庁(朝堂院)を模した朱塗りの社殿…

3 新潟県 三条本成寺 鬼踊り&節分豆まき

法華宗総本山本成寺の一大行事として行われる本成寺鬼踊りは、室町時代本成寺の僧兵と農民が力を合わせて盗賊を追い払ったという故事にならい、厄祓いの形で節分の豆まき行事として続けられています。本成寺本堂の厳粛な空気の中に響きわたる鬼たちの叫び声と鋸・斧などの金物を持ち大暴れするその姿は迫力満点。最後は鬼に豆を投げつけて退散させ、平和と安全を祈ります。鬼に抱かれた赤ちゃんは健康に育つという言い伝えがあり、毎年子ども連れでにぎわいます。

(引用:三条市ホームページより)

 

4 岐阜県 玉性院 節分つり込み祭

赤鬼にふんした厄男を神輿に、おかめにふんした厄女を御所車に乗せ町内を練り歩いた後、本堂に担ぎ込み、おはらいをして無病息災を祈る行事。
クライマックスは赤鬼が担ぎ手の中に飛び込み、もみくちゃにされながら本堂につり込まれます。

(引用:岐阜市漫遊 イベント&レポート ぎふの四季より)

岐阜市漫遊:財団法人岐阜観光コンベンション協会 岐阜市の観光スポット、季節のイベント、コンベンション支援…

5 三重県 おかげ横町 節分の市

おかげ横丁では、節分に“良い一年となりますように”と願いを込めて、毎年恒例の「おかげ横丁 節分の市」が開催されます。この期間、おかげ横丁は、「福」を呼び込み、町中が福でいっぱいになります。お面や、福豆、節分鰯などの縁起物が揃う。2/3(日)には、太鼓の演奏や年男・年女からなる福人が「宝船・豆まきむ」が開催されます。

(引用:三重県観光連盟公式サイト 観光三重より)

観光三重

おかげ横丁では、節分に“良い一年となりますように”と願いを込めて、毎年恒例の「おかげ横丁 節分の市」を開催いたします。こ…

6 多賀大社 節分祭

多賀大社で昭和27年から行われている由緒ある神事で、毎年約5千人の参拝者でにぎわうそうです。
島根県の無形文化財因原(いんばら)神楽団による迫力のある「鬼の舞」の奉納後、県内外から還暦を迎えた年男、年女が赤頭巾に袴姿で福豆、福餅まきを務めます。
2016年には年男と年女がなんと計200人超参加し、福豆約150kg、福餅約250kgが撒かれました。福餅の中には当たり餅といわれる竹串が入った餅も数個投げられます。
祭典終了後は、鬼の衣装を着て鬼たちと一緒に撮影ができるとあって、子連れの親子がたくさん参加されています。

 

7 大阪府 住吉大社 節分祭

新春を迎える祭典を行い除災・招福を祈願いたします。
神館では弓馬術礼法小笠原教場一門の皆様による追儺歩射式(ついなほしゃしき)が行われます。
追儺とは悪鬼を追い払う儀式のことで鬼に見立てた大的に弓を引く「奉射の儀」が、多数の拝観者のもと厳粛に執り行われます。
また、この日に厄除けの祈願をする風習であるため、職員や関係者のうち厄年の者が「厄除善哉」の振る舞いを奉仕し、例年、約1000食分が午前中になくなる盛況ぶりです。

(引用:住吉大社 公式HPより)

住吉大社

摂津国一之宮、いのちの根源、海の神、住吉大社の公式ウェブサイト。 住吉大社は、全国の住吉神社の総本社であり、日本を代表す…

8 大阪府 成田山不動尊 節分祭

成田山では「交通安全」「開運厄除繁栄隆昌」を祈り、豆まきを行います。この時、「鬼は外」とは言わずに「福は内」とだけ言います。これは、お不動様の慈悲が大きい為、その前では鬼も鬼でなくなるからです。
成田山不動尊では、境内に全長150mの舞台を設け、中央には日本一の大きさを誇る「千升大福枡」を設置、開運厄除けとともに交通安全を祈る豆まき式を行います。交通関係諸団体・関西政財界人・有名芸能人などが年男として参加します。

(引用:大阪成田山不動尊公式HPより)

交通安全祈願、諸願成就、厄除けなどの成田山不動尊(成田山大阪別院明王院)のホームページです。…

9 愛媛県 椿神社 節分祭

旧正月に訪れる悪霊である鬼を退散させる為、神事後に豆打式を執り行います。例年、時津風部屋より「力士」が豆打式に参加します。

(引用:伊豫豆比古命神社-椿神社-公式HPより)

松山市。由緒、行事案内、境内にある句碑玉垣の紹介。…

10 福岡県 東長寺 星まつり節分祭

東長寺の節分祭は室町時代から続く祭りで、七福神やお多福も登場します。
節分祭期間中は、国の重要無形文化財である千手観音像と福岡市指定文化財の六角堂が公開され、毎年多くの人で賑わいます。
2月3日(土)の節分大祭では、年男や福岡・博多の知名士による「節分豆まき」が盛大に行われ、豆だけでなく餅やみかん、お菓子などが本堂から勢いよくまかれます。
また、外国人留学生がお多福や七福神に扮し、特設舞台で行われる「招福魔滅まき」をはじめとした催しに参加します。

(引用:福岡市公式シティガイド YOKA navi より)  

福岡・博多の観光情報が満載!福岡市公式シティガイド よかなび

「福は内鬼は外」で市民に親しまれ、愛されてきた年に一度の節分祭東長寺の節分祭は室町時代から続く祭りで、七福神やお多福も登…

 

まとめ

①節分っていつなの?
本来は‟立春、立夏、立秋、立冬”の前日を指すので、1年に4回あることになるが、旧暦では2月3の立春が今でいう大晦日に当たるため、他の時期の節分良りより重要視され、今に至る。

②今年の節分は何日?
節分は季節の分け目なので、その年によって多少変動する。今年の節分は2月3日(日曜日)。

①まめをまく意味と理由
中国の「追儺」と、「日本の豆打ち」の儀式が合わさって節分に集まる邪気を払う方法として民衆に広まったもの。
古来よりまめには「魔滅(魔を滅する)」の力があるとされ、さらに豆を煎って使うことで「魔の目を射る」として使われた。

②なぜ鬼なの? 
鬼=「この世ならざる者、人知を超えたもの」として恐れられていたため、後に「季節の変わり目の邪気」も鬼として恐れられた。

①いわしの意味
    いわしの語源が「弱し」「卑し」であることから、弱くて卑しい魚を食べることで、体の中の陰の気が消えると考えられていた。また、鬼は臭いが強いものに 弱く、いわしを焼い時の臭気で家に寄り付かなくと考えられていたため。

②恵方巻の意味
 「福を巻き込み、福を切らずに食べる」というゲン担ぎ。由来や起源は所説あるが、いまだはっきりしていない。「恵方巻」の名で広まったのは、1989年に大手コンビニエンスストアが売り出したのが皮切り。

③地方の様々な風習
    節分そば、けんちん汁、こんにゃく、小判菓子、くじら、カナガシラ、落花生、福茶。

 
①大宝八幡宮 節分祭
②平安神宮 節分祭
③三条本成寺 鬼踊り&節分豆まき
④玉性院 節分つり込み祭
⑤おかげ横町 節分の市
⑥多賀大社 節分祭
⑦住吉大社 節分祭
⑧成田山不動尊 節分祭
⑨椿神社 節分祭
⑩東長寺 星まつり節分祭

 

いかがでしたか?毎年の恒例行事である節分も、意味や由来を理解することで、よりいっそう楽しむことができそうですね。僕も節分がいつなのか、もう忘れずに済みそうです。今年はしっかりいわしを焼いて、恵方巻を食べて邪気退散!イベントにも参加して、全国の皆さんが1年間元気で過ごせるように願います!それでは!「鬼は~外~!福は~内~!」

follow me!