HONEKICHI’S LIFE STYLE をご覧いただきありがとうございます。~ 11/16 記事更新“子供がピアノを習う最強のメリット5選!地頭の良い子に育てる秘訣とは?”

サンタクロースの由来や起源!服が赤いのはなぜ?トナカイは何匹?

サンタクロースの由来と起源
サンタクロースの由来や起源って何だろう?
実在したのかな?トナカイの数も決まってるのかな?
今回はこんな疑問に答えます。
〇 サンタクロースの由来や起源について詳しく知りたい
〇 サンタクロースと一緒にいるトナカイについても知りたい
〇 サンタクロースに会いたい!
〇 トナカイについても教えてほしい

サンタクロースはいるのいないの?

 

これはまずはっきりさせておくべきでしょう・・・

 

僕が小学生のときも、道徳の授業で「サンタクロースはいるのかいないのか」を議論するというよくわからない授業がありました。

 

夢見るほね吉は一人で必死に戦いましたよ、「絶対にいる!」と・・・( `ー´)ノ

 

そして今回結論が出ました・・・サンタクロースは実在します!

 

ちょっと訳ありですが・・・(笑)

 

実在するサンタの詳細は、記事の下部にあります。

 

サンタクロースの由来や起源

聖ニコラウスの銅像

まずは気になるサンタクロースの由来や起源を見ていきましょう。

 

サンタクロースのモデル

 

そもそも、サンタクロースとは架空の人物ではなく、実在する人物がモデルになっています。

 

そのモデルというのが、「聖ニコラウス」という人物だと言われています。

 

聖ニコラウスの名前セイント ニコラウス(saint nicholas) ”が訛って、〝 サンタクロース(santa claus)”になったということですね。

 

聖ニコラウスとは、4世紀頃にトルコのキリスト教司祭をしていた人で、普段から恵まれない子供たちや貧しい人たちに、自分の持っている物やお金を分け与える心優しい人でした。

 

そんなニコラスを称え、ニコラスの死後に聖人としての名を与えたそうです。

 

ニコラスの伝承や伝説は数多く残っていますが、その中でも、サンタクロースのイメージにぴったりなお話があります。

 

〝ニコラスがまだ司祭になる前、近所に大変貧しい家庭がありました。

 

その家には3人の娘がおり、長女は結婚を望んでいましたが、あまりの貧しさから身売りをしなければいけない状況になりました。

 

そんな長女を不憫に思ったニコラスはある日、娘の家の煙突に金貨を投げ入れました。

 

金貨は煙突から入り、たまたま暖炉のそばに干してあった靴下の中に入りました。

 

ニコラスは何度も金貨を投げ入れ、その金貨のおかげで、長女は身売りすることなく、結婚することができました。

 

ニコラスは二女と三女の時にも同じように金貨を投げ入れ、一家全員が救われましたとさ・・・”

大量の金貨

 

とても心温まるお話ですよね。煙突から投げ入れた金貨が靴下の中へ・・・この心優しいニコラスの行動が伝説となり、今でもイベントとして引き継がれているということですね!

なぜ服が赤いの?

赤い服を着たサンタクロース

 

サンタクロースといえば、全身が白く縁どられた赤い服に、赤い帽子、白いひげにぽっちゃり体系というイメージが世界共通で定着していますよね。

 

これってとても不思議だと思いませんか?

 

そもそもなんで赤い服なんでしょうか?緑や青はダメなんでしょうか?

 

なんで世界共通なの?

 

ここにもある理由が隠されていました。

 

カトリック教会の祭服

青色と赤色のカトリック教会の祭服

 

聖ニコラウスの所属するカトリック教会には、礼拝や典礼の時に着用する祭服というものがあります。

 

色は赤、白、緑、紫、黒、ピンク(バラ色)の5色で、この内の赤い祭服がサンタの服のそもそもの由来と言われています。

 

赤い服は殉教の色、聖霊の色とされ、イエスキリストの受難日(聖金曜日)や、神に捧げられた尊い聖人のための祝日に着用されたそうです。

 

 

 

ある画家の書いた絵

トーマスナストが描いたサンタクロース

 

1886年にトーマス・ナストという画家が、赤い祭服を着た聖ニコラウスの姿を参考にしてサンタクロースを描きました。

 

彼は〝アメリカ漫画の父”と呼ばれ、政治漫画家として世間に多大な影響力を持っていたため、後にナストの描いたサンタが画集として出版され、様々な人に引き継がれたそうです。

 

コカ・コーラとサンタの関係

コカコーラ広告のサンタクロース

 

さらにその後の1931年、かのコカ・コーラ社がクリスマスキャンペーンのために広告を作成しました。

 

この時、ハッドン・サンドブロムというイラストレーターが描いたサンタクロースが、ぽっちゃり体系で全身赤い服に身を包み、白いあごひげをたくわえた、見るからに陽気で楽しいサンタロースでした。

 

この親しみやすいサンタのキャラクター像が当時の人々の心をつかみ、様々な雑誌に掲載されて全国へと広まったわけです。

 

トナカイの数と名前は?

サンタとトナカイ

 

サンタクロースといえば、トナカイは切っても切り離せない存在ですよね、ソリを引くトナカイがいなければプレゼントは運べませんから。(笑)

 

そんな重要な存在であるトナカイの名前や数をご存知でしょうか?皆さんのイメージでは何匹のトナカイがいますか?

 

これを機にトナカイにもスポットを当てていきたいと思います。

 

トナカイの数と名前

 

結論から言うと、トナカイは全部で9頭います。トナカイの名前は、1823年にアメリカの新聞上で発表されたクリスマス向けの詩「A Visit from St. Nicholas(サンタが来た)」がルーツとなっているようです。

 

A Visit from St. Nicholas

 

ここで、少し長いですが、詩の内容を見てみましょう。

 

‟それはクリスマスの前の晩、家の中でネズミさえも動かなくなったころ、靴下は煙突のそばに下げられて、サンタクロースが来るのを待っていた。

 

子供たちはベッドに寝静まって、頭の中で砂糖入り菓子が踊っていて、ママは布をかぶっていて、僕は帽子をかぶり、長い夜の眠りについていた。

 

突然庭で大きな音がしたので、何だろうと思い、僕はベッドから飛び起きて、窓のそばに行き雨戸を開けた。

 

降ったばかりの雪の上に月が昼間のように光を投げていた。

 

すると、目の前に小さなソリと八頭のトナカイが見えて、ソリに乗っていたのが元気なおじいさんだったので、サンタクロースだとすぐ分かった。

 

ワシよりも早くトナカイたちは飛んできて、サンタさんは大声で名前を呼んだ。

 

「そらダッシャー、ダンサー、それプランサー、ヴィクセン、行けコメット、キューピッド、ドナー、ブリッツェン、ポーチの上まで、煙突の上まで!早く走れ、それ走れ、みんな走れー!」...

 

 

ハリケーンの前で枯葉が舞うように、何かにぶち当たると、ソリは空へ舞い上がる。

 

だからトナカイたちは家の屋根の上へ飛んで行った。

 

おもちゃがいっぱいのソリにサンタクロースを乗せて。

 

僕が驚いていると、屋根の上でトナカイたちがコトコト動いているのが聞こえた。

 

頭を引っ込めて部屋の方に向き直すと、サンタさんがポンと煙突を下りてきた。

 

サンタさんは頭から足まで毛皮の服を着て、それが灰とススにまみれていた。

 

後ろにはおもちゃを沢山背負って、包を開く前の行商人のようだった。

 

目が光っていて、えくぼが幸せそうで、頬は紅色で、サクランボみたいだった。

 

小さな口を弓のようにして、あごには雪のように白いヒゲを生やして、歯にはパイプをきつく噛んで、煙が花輪のように頭をめぐっていた。

 

サンタさんの顔は大きくて、丸いお腹は笑う時に震えて、ジェリーが入ったボウルのようだった。かわいく太っていて、愉快な妖精のようだった。

 

思わず笑ってしまった僕にウィンクして頭をかしげたので、何も怖くないとすぐに分かった。何も言わずにすぐ仕事に取り掛かかり、靴下をいっぱいにしてくるりと身を回す。

 

そして指を鼻の脇に置いて、それからうなづいて、また煙突を登っていった。それからソリに飛び乗り、トナカイたちに口笛を吹いて、枯草が舞うように飛んでいってしまった。

 

でも見えなくなる前に、サンタさんが叫ぶのが聞こえた。「クリスマスおめでとう!みんな、お休み!」...”

空を飛ぶサンタとトナカイ

(出典: Wikipedia/サンタクロースがきた)

 

いかがでしたか?読んでいるだけで幸せな気分になりますよね。この詩が後に世界へ広まり、トナカイの名前が公式に認められたそうです。

 

トナカイの名前を先頭からまとめると...

  1. Dasher(ダッシャー)
  2. Dancer(ダンサー)
  3. Prancer(プランサー)
  4. Vixen(ヴィクゼン)
  5. Comet(コメット)
  6. Cupid(キューピッド)
  7. Donner(ドナー) 
  8. Blitzen(ブリッツェン)

あれ?8頭しかいませんね。

 

そうです。この8頭に加え、かの有名な「赤鼻のトナカイ」である ‟ルドルフ”が加わって9頭になるわけですね。

関連記事

赤鼻のトナカイが他のトナカイと何が違うのか子供に聞かれたんだけど、考えたこともなかったなぁ。名前もあんまり覚えてないし・・・どうやって生まれたんだろう? 今回はこんな疑問に答えます。 〇 赤鼻の[…]

赤鼻のトナカイ・ルドルフ

 

 

本当にいる「公認サンタクロース」

 

公認サンタクロース

 

ここからの話は、人によっては少し夢を壊してしまうかもしれませんのでご注意を!

 

実は、今現在世界には約120人強の公認サンタクロースがいるそうです!

 

なんでも‟グリーンランド国際サンタクロース協会”というものがあるらしく、毎年7月に世界中のサンタが一堂に会し、会議を行っているようです。(笑)

 

この教会のサンタクロースに認められるには試験があるみたいなんですが、まぁすごい試験内容です。

 

受かる人はすごいなぁと思うんですが、なんと日本人も一人いらっしゃるんですね!尊敬します。

 

 

サンタクロースのプロフィール

 

前述したグリーンランド国際サンタクロース協会とは別に、フィンランドにはロヴァニエミ市公認のサンタクロース村というのがあって、サンタクロースからのお手紙ももらえるみたいですよ!

 

サンタクロース村の公式ホームページにサンタさんのプロフィールがありましたので抜粋します。

 

サンタクロース村

サンタクロース村

フィンランドラップランド地方のロヴァニエミ市中心街から北へ8kmの北極圏上。

 

サンタクロースの部屋、サンタクロース郵便局、クリスマス グッズの店などが集まっています。

 

サンタクロースの部屋では、毎日サンタクロースに会うことができるそうですよ!

 

サンタクロース郵便局では、毎日世界中の子供から届く手紙に囲まれて、トントゥ(サンタクロースのお手伝いをする妖精)たちが働いているそうです。

 

サンタクロース村紹介

 

夜のサンタクロース村

サンタクロースの住処

 

サンタクロース家は、サンタクロース村から300km北にあるフィンランドラップランドのコルヴァトゥントゥリの山中にあります。

 

妖精トントゥ

☆妖精(トントゥ)について

 

赤いトンガリ帽子に赤い服を着た妖精で、フィンランドのいたるところ、森の中や家々に住んでいて、普段は僕たちの目につかないところで人間のお手伝いをしているそうです。

 

まとめ

 

4世紀にトルコのキリスト教司祭をしていた聖ニコラウスがモデルとなっている。

 

①カトリック教会の祭服に、イエスキリストの受難日や、神に捧げられた尊い聖人のための祝日に着用された赤い服があった。

②トーマス・ナストという画家が、この赤い祭服を着た聖ニコラウスの姿を参考にしてサンタクロースを描き、後に画集となって人々に引き継がれた。

③その後、コカ・コーラ社がクリスマスキャンペーン広告を作成。その時ハッドン・サンドブロムというイラストレーターが、現代のサンタクロースを描き、様々な雑誌に掲載されて全国へと広まった。

 

トナカイは全部で9匹。アメリカの新聞に掲載されて広まった「A Visit from St. Nicholas(サンタが来た)」という詩によると、トナカイの名前はダッシャー・ダンサー・プランサー・ヴィクゼン・コメット・キューピッド・ドナー・ブリッツェンの8頭。

さらに、後に作成されたクリスマスソング、赤鼻のトナカイのルドルフを加えて9匹となる。

 

①世界には‟グリーンランド国際サンタクロース協会”が認めた120人強の公認サンタクロースが実在する。

②フィンランドには市が公認したサンタクロース村があり、現地に行けば毎日サンタクロースに会うことができる。

③会えない人も、サンタクロースに手紙を送ったり、もらったりすることができる。

 

いかがでしたか?サンタクロースの由来と起源について、知っている部分もあったと思いますが、知らないことも多かったと思います。

 

僕はサンタクロースの服が赤いのはなぜ?トナカイの名前や数は?なんて疑問にも思ったことがなかったので、楽しみながら記事を書くことができました。(笑)

 

クリスマスシーズンになるとワクワクドキドキした子供のころを思い出してついつい心が弾みます。

 

みなさんにも、少しでも同じような気持ちを感じて頂けたらと思います!

 

Merry Christmas!
関連記事

赤鼻のトナカイが他のトナカイと何が違うのか子供に聞かれたんだけど、考えたこともなかったなぁ。名前もあんまり覚えてないし・・・どうやって生まれたんだろう? 今回はこんな疑問に答えます。 〇 赤鼻の[…]

赤鼻のトナカイ・ルドルフ
サンタクロースの由来と起源
follow me!