こどもの日の由来と意味。鯉のぼりや鎧兜・食べ物に隠された意味とは?

こんにちは!ほね吉です。

皆さんはこどもの日の由来や意味を知っていますか?

 

「聞いたことあるけど、日にちは忘れた」

「ゴールデンウィークらへんじゃなかったっけ?」

「由来や意味なんて知らん!」

 

という人も多いと思います。ていうか僕がそうです!(笑)

 息子二人のためにも、この機会にしっかり調べようと思います。

 

こどもの日の由来とは?

 

こどもの日は国民の祝日の一つで、5月5日の端午節句に制定されています。

 端午の節句はひな祭りの記事でも少し触れましたね。

 

端午の節句とは、中国の五節句の内の一つです。

 

・1月7日   人日(じんじつ)                         七草の節句    

・3月3日   上巳(じょうし)                         桃の節句(雛祭り)

・5月5日       端午(たんご)                  菖蒲(しょうぶ)の節句

・7月7日    七夕(しちせき)                                         星祭 

・9月9日    重陽(ちょうよう)                          菊の節句

 5月5日は端午の節句または菖蒲(しょうぶ)の節句と言います。

菖蒲というのは、水辺に生える多年生の植物で、サトイモの仲間なります。

菖蒲は、武士が使う刀のような葉っぱの形状と、爽やかな香りが特徴です。

刀のような形の葉っぱや爽やかな香りから、男の子に縁起がいい植物と考えられていました。

大昔の中国では、この菖蒲を厄除けや健康祈願のために飾ったり、菖蒲の入ったお酒を飲んだりする風習があったそうです。

この風習が奈良時代に日本に伝わってきたことが「端午の節句」の由来となっています。

 日本でも古くから男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事として行われていたようですが、次第に男の子も女の子も関係なく、子どもたちみんなをお祝いするようになりました。

その後、「5月5日をこどもの日として祝日にしてほしい」という多くの要望が、国民から集まった結果、1984年に正式に祝日として、〝国民の祝日法”で制定されました。

 

こどもの日の意味とは?

 

前述したように、もともとは男の子のための行事でしたが、現在では少し意味合いが違います。

 国民の祝日法2条には、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨であると明記してあります。

昔と違い、こどもの幸福だけでなく、母への感謝の意味合いも含まれているんですね。

こどもの日の飾りの意味

こどもの日に飾るものとして、菖蒲の他に以下のものがあります。

・鯉のぼり
・鎧兜
・五月人形

 

これらの物をを飾るのには、一つ一つにしっかりとした意味があります。

こどもの日に飾る鯉のぼりの意味

 こどもの日に鯉のぼりを飾る意味合いは、今も昔も変わらず「男児の出世と健康を願って」飾られています。

 しかし、飾り方や鯉のぼり自体が全く違うものだったようです。

 鯉のぼりと言えば、上の画像のように、矢車、吹き流し、真鯉、緋鯉、子鯉が1セットで、晴天の空を優雅に泳ぐ姿をイメージする人が多いと思いますが、もともとは違います。

そもそも鯉のぼりは日本の風習で、5月5日の端午の節句、特に梅雨の雨が降る時期に、家庭の庭先で飾られたものだったんです。

今とは全く真逆のイメージですね(笑)

 さらに、鯉のぼり自体も、始めは真鯉(黒い鯉)だけだったものが、明治に入って緋鯉が、さらに昭和に入ってから子鯉が、というように1匹ずつ足されて、現在の親子の鯉のぼりが出来上がっていきました。

中国には、「多くの魚が滝を登ろうと試みた中で、鯉だけが登り切り、になることができた」という故事があり、〝鯉の滝登り”は立身出世の象徴とされてきました。

また、鯉は生命力の強い魚で、平均寿命30年、ギネス記録では226年という記録が残っているほどです。

 「立身出世・長寿命」という、男児の出世と健康を願うにはうってつけのイメージですね!

こどもの日に飾る鎧兜の意味

女の子が3月3日の桃の節句に初節句を迎えるのと同じように、男の子は5月5日の端午の節句が初節句となります。

鎧兜は皆さんご存知のように、古来の武士が自分の身を守るためにつけていたもの。いわば、命を守る道具の象徴です。

そのため、端午の節句で飾る鎧兜には、子どもをケガや病気などの様々な災いから守ってくださいという親の願いが込められています

 

こどもの日に飾る五月人形の意味

 今ではなかなか画像のような五月人形は見なくなりましたよね(笑)

一口に五月人形と言っても、鎧兜を着せた子どもの人形や、桃太郎や金太郎をモチーフにしたものなど、形は様々です。

 しかし、五月人形に込められた思いはみな同じで、「飾った五月人形のようにたくましく、健やかに育ってほしい」という親の思いが込められています。

最近ではこんな可愛らしいものまで(^^♪

 

こどもの日の食べ物に込められた想いとは?

こどもの日に食べる食べ物で、伝統的なものとしては以下のものがあります。

・ちまき
・柏餅

この二つの食べ物に込められた意味が何かご存知ですか?

こどもの日にちまきを食べる意味

こどもの日にちまきを食べる由来は、元をたどると、大昔の中国の偉人にたどり着きます。

 

偉人の名前は屈原(くつげん)。

正義感がとても強く、多くの人望があった中国の政治家でした。

ある時、陰謀により地位を失って失脚した屈原は、失意のあまり5月5日の端午の節句に、川に飛び込んで死んでしまいました。

それを悲しんだ国民が、屈原の体が魚に食べられてしまわないように、厄除けの意味を込めてちまきをお供えしていたそうです。

 この話をもとに、5月5日にはちまきを食べて厄除けをするという風習が伝わっていったそうです。

 

こどもの日に柏餅を食べる意味

 かしわ餅を食べる風習は、ちまきと違い、日本独自のものです。

 柏の葉は、古くから神が宿として扱われてきました。

 その理由としては、柏の葉は新芽が生えて成長するまで古い葉が落ちないことから、「子が大きく育つまで親が死なない」という意味を持っているからです。

子孫繁栄を連想させることから、なんとも縁起のいい葉っぱとして知られています。

そのような縁起のいい葉っぱでくるんだ柏餅を食べることで、その子が家を守っていくことを祈願しているということですね。

 

まとめ 

息子さんいるお父さんお母さんでも、知らないことがたくさんあったと思います。

 時代とともに忘れられていく風習ではありますが、こどもの健やかな成長を祝う日であることはこれからも変わらないと思います。

それまで子供を育ててくれたお母さんへの感謝の気持ちを伝えることも、忘れないようにしたいですね!

follow me!