HONEKICHI’S LIFE STYLE をご覧いただきありがとうございます。

2020年の干支は子!意味や特徴は?運勢や性格・相性まで!

2020年の干支は子

今年は昨年と比較して強く年末感を感じているほね吉です。

 

もう1年が終わっていますね・・・

 

しかし過去を振りかえるなかれ。

 

2020年の干支を見ると、なにやらいい年になる予感・・・

 

 

2020年の十二支は子(鼠)!

 

子年を喜ぶ鼠

ズバリ2020年の十二支は子(鼠)です!

 

干支や十干、十二支について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事

また今年もあっという間に1年が過ぎました・・・ 年々早くなっていくような気がするのは私だけでしょうか? 2020年は子年ですね。 今回は十干十二支とは何なのか?[…]

十干十二支とは?

正式に十干十二支でいうと、2020年は庚子(かのえね)になります。

 

では‟子”にはどのような意味があるのでしょうか?

 

子年の意味

達磨を持つネズミ

本来の十干十二支の庚子(かのえね)で説明すると、

 

「庚」→ 草木が成熟し成長は止まり、新たなものに変化しようとする様。

「子」→ 種になりこれから生命が誕生する状態。

となります。

 

そのまま植物をイメージすると、いったん成熟してさらに新たな種から芽吹く状態です。

 

新たな芽吹きと繁栄の始まり。つまり、‟なにか新しいことをスタートすると上手くいく年”という意味になります。

 

子年の特徴

新芽

子年は十二支のうち、最初に始まります。つまり、新しい運気のサイクルの始まりです。

 

前述したように、植物に例えると、種子から生命が誕生しようとする状態であり、新たな未来への一歩を感じさせます。

 

身近なところでいうと、5GやAI(人工知能)など、テクノロジーの進歩がより一層進展する年になりそうです。

さらに、「ねずみ算」とも言われるように、ねずみは子どもをどんどん産んで数を増やしていくことから、「子孫繁栄」の象徴でもあり、さまざまなものの『繁栄』を意味します。

 

2020年は東京オリンピック・パラリンピックも開かれるので、日本の経済繁栄を表しているとも言えます。

 

 

子年生まれの人の性格や特徴は?

打ち出の小づちを持つ鼠

子年生まれの長所

①辛抱強く優れた適応能力と順応性がある。

②縁の下の力持ちで、チームワークを大切にする。「のんびり系」

③のんびり屋に見えるが経済感覚は鋭く、実は倹約家。

 

子年生まれの短所

①プレッシャーに弱く引っ込み思案で、自分の考えをはっきりと言えない

②周囲からは「自分を持っていない」「やる気がない」と誤解されがち。

③抜け目なく現実的に課題をクリアしようとする性格が災いする。

 

 

子年生まれ人の運勢

2020年は、子年生まれにとって人生の絶頂期ともいえる一年。天性の頭の良さで、一躍物語の主人公となります。

 

昨年までは縁の下の力持ちに徹していましたが、2020年はこれまでの行動が実を結ぶ年になります。

 

しかし、男女関係で失敗をくり返すことがあり注意が必要。

 

したたかに粘り強くやっていけば、さらに未来につなげられる良い年となります。

 

 

子年と相性いい干支は?

次に、子年から見た他の十二支との相性を見ていきましょう!

子年に合わせることができれば、お互いに弱点を補える相性。
しかし、勢いだけで付き合い始めてしまうと、後悔する可能性が高いので慎重に。

 

お互いの性格の良さで支え合えるいい関係です。子年が丑年をフォローする形でうまくいきます。
普段は丑年の優しい性格が子年を癒し、仕事上では活動的な子が丑を支えます。

 

行動的なところが似ている二人。子年が寅年の長所を引き出し、寅の役に立ちます。
しかし、子年の人は寅年の人の懐の広さに甘えがちなので、少しは気を使いましょう。

 

明るい子年と静かな卯年。相反する性格でイライラし、お互いが気疲れします。
子年が自分を持っている卯年に憧れているので、相手の意見を受け入れることで上手くいきます。
お互いが良き相談相手となり、子年が辰年の気持ちをよくするので、良い関係になります。
ただし、辰年の懐の大きさに甘えすぎるのは注意。

 

お互いが違う特徴を持っていますが、距離感を保てばいい関係になります。
仕事上でも、行動的な子年と我慢強い巳年はいいパートナーとなります。
しかし、誰とでも打ち解ける子年と違い、我慢強い巳年。子年が巳年の考えを受け入れることが大切。

 

お互いの考えが合わず、天敵と言えます。長く付き合うほど、相性の悪さが露呈します。
相手の主張を認めることでうまくいきますが、お互いが気疲れします。

 

お互い頑固な上に、スピード感が違うため、意思疎通が難しい関係です。
用心深い未年に子年が不満を感じることもしばしば。どちらかが身を引くことでうまくいきます。

 

お互いに行動的で、物事が早く進むため良い関係と言えます。
お互いに苦手な部分を補い合うことで、物事がうまく解決します。

 

行動的な子年と慎重な酉年。考え方の違いから良い相性とは言えません。
話し合いをして、一定の距離を置くと上手くいきやすいです。

 

細かな違いはあるが、一緒にいると落ち着く関係。
子年の軽い性格をまじめな戌年が支えることでうまくいきます。
しかし、戌年のまがままが出ることもあるので、子年には我慢も必要です。

 

一見合わないように見えて、実はお互いの欠点を補え合える良い相性。
お互いフォローし合い、気兼ねない関係が築けます。

 

まとめ

毎年、年の瀬になると年賀状のためだけに調べていた干支(十二支)ですが、調べてみると身近で、奥が深く、もっと知りたくなりますね。

 

皆さんも何か新しいことを始めてみてはいかがでしょうか?

 

2020年が皆さんにとって、より良い年になることを願っています!

 

 

2020年の干支は子
follow me!